千葉県八千代市のお客様ビル:外壁塗装|ALC外壁の素地調整とコーキング打ち増しの日

千葉で、外壁塗装をお考えの皆様、こんばんは😊

本日、千葉県八千代市の3階建ビルの塗り替え工事に着手しました❗️

実は昨日から現場に入って洗浄作業を終えているのですが、大雨の為写真を撮影することができませんでした。

今回の現場は、L字で2面のみの工事となります。

↑の左側のわずかな隙間にある面と、その奥に繋がる面となります。

上手く撮影もできないくらい狭いです…

奥の面は↑のようになっています。

こちらは広く感じますね😆

今回の現場は、主にこの隙間の広い方の面の施工状況を報告したいと思います❗️

それでは、本日の作業の紹介ですが、ALC外壁のコーキングの打ち増しと、劣化の激しい部分の修復を行いました。

コーキングの打ち増しは、先ず隙間の狭い面を先に攻めたので、施工写真は割愛いたします。

外壁の修復ですが、隙間の広い面の外壁をメインに行いました。

元々付いていた配線や配管、給湯器などが原因で、ALCがボコボコに劣化していました。

この劣化度合いであれば、本来なら左官工事が必要となるのですが、お客様の要望でパテ埋めで済ますことになりました。

モルタルパテを使っていますが、補修には限界があるので、ある程度まで穴埋めをして塗装に入ることになります。

今日使ったパテは、粘度が低く、乾燥も遅い為、深い穴や溝を埋め切れませんでした。

月曜日にまた別のパテを使用して、埋め切れなかった箇所を全て塞ぎたいと思います。

穴埋めが終わったら、この隙間の広い面のコーキング打ち作業に取り掛かります☺️

またブログをアップしますので、ぜひチェックしてもらえると嬉しいです❗️

それでは、今週も暑い中、お疲れ様でした‼️

おやすみなさい〜💤⭐️

コメント

タイトルとURLをコピーしました